光伸学院ニュース

HOME > 光伸学院ニュース

「一文創作」ご紹介(その10)

今回はたまたまどの授業でも難しいお題が多くかったため、
若干「不作」な感もありました。 が、そんな中でも…。 という
作品をいくつか。
 
まずは、「~と~が~でも~ません。」から。
 
あなた「と」わたし「が」兄弟「でも」仲良くし「ません。」 (小5)
 
このお題では、「~が」よりも「~は」が適している文を作った
子が多くなっていました。 「が」と「は」は似た使い方をしますが、
文を作って見てみると、ちょっとした違いが分かるものでした。
 
 
次は、「~の~なら~と~で~う。」からです。
 
学校「の」子ども祭大会「なら」ガムテープ「と」ダンボール「で」
材料は済むと思「う。」 (小5)
 
漢字「の」覚え方「なら」先生「と」二人「で」覚えたほうがいいと思「う。」
(小5)
 
 
この2作は出来もなかなかですが、とても速く完成したことに驚かせ
られました。 まだ私が考えているウチに…。 ちょっと負けた気分です。
 
 
この一文を通して、文の書き方、助詞の使い方をしっかり学んで欲しい
と思っています。 まだ、長めの文を作るときに、活かされていない子も
いますが、続けることでその力が付いていくことを願っています。
 
 
では、また次の機会に。

「一文創作」ご紹介(その9)

久しぶりになってしまいました。 
 
この1ヶ月間で、なかなかの作品が溜まってきました。
 
また紹介させて頂きます。
 
まずは、「~で~を~から~です。」というお題から。
 
学校「で」授業「を」受けて「から」すぐ係りの仕事「です。」
(小5)
 
学校での生活ぶりが目に浮かびます。
 
次のお題は、「~を~にも~が~う。」からと、
「~は~から~でも~と~です。」からいくつかを。
 
トイレ「を」使う「にも」ルールがある「が」それを無視してしま「う。」
(小6)
 
ぼく「は」あなた「から」物「でも」ぬすもう「と」いう悪者「です。」
(小5)
 
どちらも倫理的には「?」ですが、ユニークな発想ですね。
同じお題でも、
 
野球「は」戦いだ「から」1点「でも」とり返そう「と」がんばるの「です。」
(小5)
 
こんなにすがすがしい作品もできてしまいます。
 
最後に少し難しい、「~が~は~でも~と~ですか?」というお題
からです。(~ですか?になると結構難しいです)
 
音符「が」作られた理由「は」シロウト「でも」楽器が吹ける「と」
思ったから「ですか?」  (小5)
 
なかなか考えましたね。
 
ではまた次回。

冬期講習の日程が決まりました。 

冬休みを利用して、冬期講習を行います。
 
日程は、12/26(月)~29(木)+1/5(木)・6(金)の
合計6日間です。
 
もちろん、外部生の方の参加も可能です。 この講習で
当塾の授業をご体験頂き、その後の正式御入塾を検討
頂ければ幸いです。
 
授業時間、料金等詳細については、ご遠慮なくお問い合わせ下さい。 
 

11月12、13日は塾を開放しています。

地域の中学校では後期中間テストが近づいて参りました。
 
この土日はテスト勉強に集中したいところです。しかし、
家庭での勉強で時々行き詰ってしまい、そこで集中力が切れて
しまうこともよくあります。 
 
光伸学院ではこの土日、塾を開放しております。 勉強場所
として使用して下さい。 質問だけでも結構です。 わからない
問題がいくつか出てきたら、それだけを聞きに来て頂いて
構いません。 
 
もしお友達で当塾に通っている人がいたら、一緒に来ても
構いません。
 
勉強場所として、しばらく使用したい方も歓迎致します。
その際は、スペースに限りもございますので、事前にご連絡
頂ければ助かります。

「一文創作」ご紹介(その⑧)

10月1、2週の「一文創作」ではなかなかの作品が
ありました。 今回もいくつか紹介したいと思います。
 
まずは、「~も~から~で~した。」のお題から2つ。
 
 
アンパンマン「も」みんな「から」もらった元気「で」
バイキンマンを倒「した。」 (小5)
 
私「も」ダンスがかわいい少女時代みたいになりたい「から」
近くのダンス教室「で」ダンスを習いはじめま「した。」 (小5)
 
前者は子供らしい夢のある作品です。 作者本人のキャラクターとは
ちょっと違ったので、意外性もあり高評価。
 
後者は「から」を見て、KARAを連想したらしく、始めは荒技で「から」
を使っていましたが、「荒技禁止」の一言で訂正。 でもうまいこと
まとめていますね。
 
 
次は、いつもこの「一文創作」に苦労している子が頑張った結果の
2作です。 お題は「~も~に~と~の~ですか?」 少し難しかった
ものの、よく考えて作ってくれました。
 
マクドナルド「も」お客さん「に」きらわれる「と」おみせ「の」
ねだんが下がるん「ですか?」  (小6)
 
カラス「も」小さいころ「に」天敵「と」食べ物「の」
区別を教えられているの「ですか?」  (小6)
 
文のつながりを何度か注意され、直しを繰り返した結果、自力で
この文に到達しました。 努力の賜物ですね。
 
 
では、また次回。
 
 
 
 
 


<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | >>

このページの先頭へ