光伸学院ニュース

HOME > 光伸学院ニュース

ちょっと思ったことを。(ブログより)


今日もいい天気です。



 



ちょっと思ったことを。



 



かつて、坂本龍馬さんは西郷隆盛さんを「小さく叩けば小さく響き、大きく叩けば大きく響く」と評したと言われています。 



西郷さんを釣鐘に例え、それを叩く「撞木(自分)が小さくて…」と謙遜したようです。



 



この「小さく叩けば…」って、よく考えると多くの人に当てはまる気もしますが…。 



私たちの仕事も、往々にしてそうなってしまう気がします。 どんどん質問等に来る子にはガンガン応え、



そうでないとそれなりに…と。



 



ただ、これではいけないな、と。 「そうでない子」の中には、「勉強したくない子」も確かにいますが、



性格的に「したくてもできない子」もいます。 私たちは、その「小さく叩く子」にも「大きく響く」反応を見せるべきだな、と。



 



「うるさい」「しつこい」と思われるくらいがいいのかもしれません。



 



さて、来週からテスト2週間に入ります。 頑張ろう!

解答をどう扱うか(ブログより)


さて、10月も終盤です。 地元中学も、1校を除き定期テスト3週間前に入りました。 



そろそろテストまでの提出物になりそうなワーク類を、少しずつ進めておこう!と呼びかけを始めました。



 



塾では、テスト範囲の配布から対策期間に入り、まずは学校提出物で1回目の復習を行ってもらいます。



そこから、塾の対策プリント集、直前プリント等に進んでいきます。 



 



そこで、ワーク類を実施する時の「解答」の扱い方も子供たちに伝えておかなければなりません。



 



放っておくと、一度も〇付けをしないまま、一気に指定ページ最後まで実施してしまい、最後に〇付け…



なんてことが起こってしまいます。 



 



これでは、始めに間違えて覚えていたことは、最後まで間違い続けてしまうことに。 



更に、〇付けの量が多くなればなるほど、ミスへの確認は億劫になり、何もチェックをしないまま、



「〇・Xを付ける作業」になってしまうのです。



 



やはり、見開き1ページ以内での解答チェックが必要です。 そして、ミスした問は解説等を確認し、



「何をミスしたか?」のチェックを行うことが大切です。 



 



「次に同じミスをしないこと」をテーマに進めることが、効果的な学習に繋がるのです。



 



提出物実施も、やり方次第ですね。



 



光伸学院 齋藤


中1・中2コース2クラス化完了しております!

早いもので、今年も10月になりました。 2017年も残り3ヶ月です。
 
 
2期制のこのエリアでは、今週末に前期が終了します。 ということは・・・、
前期の通知表が配布されるということです。
 
 
中学1年生は、初めての5段階評価を受けることになります。 この成績(内申)が
どのような意味を持つのか、しっかり説明をしておかなければなりません。
 
中学2年生は、「中だるみ」と言われてしまう時期です。 そんな中で、しっかりと
「勉強への意識」を維持し、2年生後期の成績がある程度の指標となることを
伝えていきたいと思います。
 
中学3年生は言わずもがな。 最終的な内申点につながる重要な成績です。
今回の成績から、志望校から受験校へと絞っていく必要が生じます。足りないから
単純に諦めるということではありませんが、ある程度可能性を具体化し、変更すべき
かどうか、いろいろな方向性を相談していかなければなりません。
 
 
今回の成績から、「塾が必要かな?」とお考えの際は、当学院をご一考頂けますと
幸いです。
 
10月より、中1コースも2クラス化し、中1・中2どちらも定員まで5,6名
受け入れが可能となりました。 
 
 
中学生コースは週2回の通常授業+理科の日で週3回の通塾です。 
 
これに+αの個別学習(自習ではありません)を付け、毎日の通塾になっても、毎月の費用は
変わりません。
 
 
まずは授業システム等ご説明させて頂き、2週間の無料体験ができます。
 
ご遠慮なくお問い合わせ下さい。
 
光伸学院 代表 齋藤光輝

中2生募集再開!

長いようで短い夏休みが終わりました。
 
2期制のこのエリアでは、9月に前期期末テストが行われます。
まさにテスト対策真っ最中です。
 
 
夏前に、中学2年生の募集を一旦止めていましたが、塾の体制が
整いましたので、募集を再開致します。
 
 
各コースの状況は・・・、
 
 
小学生コース⇒満員です
 
中学生コース⇒ 中1クラス・中2クラスは残り4名程度
        中3クラスは1,2名ですが、10月位を目処に
        募集を停止致します。
 
 
テスト対策中は、対策期間中+通常の授業体験(約2週)が可能となり、
9月中は実質1ヶ月の体験ができます。
 
 
前回の中間テスト以降、塾をご検討中の方はこの機会をご利用下さい。
 
 
まずは、授業システムのご説明等をさせて頂きます。
 
ご遠慮なくお問い合わせ下さい。
 
 
光伸学院 代表 齋藤

中学生はそろそろ定期テストへの準備を

5月、ゴールデンウィークも終了し、夏休みまでは
お休みのない時期となりました。
 
 
学校では、移動教室や修学旅行、運動会など、イベント
が多い時期ですが、中学生は何といっても、今年度初の
定期テストである「前期中間テスト」が待ち構えています。
 
 
早い中学はもう1ヶ月を切り、今週からは多くの中学が
1ヶ月前となって参ります。
 
 
「1ヶ月前から?」という声も聞こえてきそうですが、テストは
言うまでもなく、「日頃の理解」が最も重要です。 そういう意味
では、「テスト~前」にあまり意味はないとも言えそうですが・・・。
 
 
塾では、GW明けを期に、テストについての話を始めています。
特に、中1生は初めての定期テストですから、準備の方法も含め、
どのように勉強していくか?を話しています。
 
 
テストへの準備も含め、「塾の必要性」を感じている方、ご遠慮なく
ご相談下さい!
 
 
尚、教室体制の都合も含め、現在の募集状況は、小学生・中2クラスが
満員で、中1生・中3生のみの募集となっております。 体制が整えば、
中2クラスも募集を再開致します。 
 
お問い合わせお待ちしております。
 
 
光伸学院 齋藤


<< | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | >>

このページの先頭へ